山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

意見・要望・苦情

長期間診察を受けないで薬の処方だけを希望される方がおられますが、好ましくありません。薬が効果的に働いているか、薬による副作用がおこっていないかを確認する必要があります。無診療投薬は医師が行政から指導を受けることもあります。
しかしながら、体が不自由、認知症等で通院できない方がおられます。こうした方に対しては、ご相談いただきましたら往診をしますのでお申し出願います。
ただし、眼科の検査や処置は特殊な医療機器を用いて行うことが多く、往診ではこれらの医療機器を持参できないため、十分なことができません。何卒ご承知願います。

【往診で行える主な検査、処置】

検査
・屈折検査   ・調節検査   ・視力検査   ・細隙灯顕微鏡検査
・眼底検査   ・眼圧検査   ・涙管通水・通色素検査   ・涙液分泌機能検査

処置
・洗眼   ・睫毛抜去   ・鼻涙管ブジ―法
メディファクスによると、病院に対して「満足」と答えたのは外来患者の58.0%、入院患者の65.9%で、「不満」と答えたのは外来の5.4%、入院の4.7%でした。
外来患者の待ち時間は「30分未満」が44.2%、「30分以上1時間未満」が24.5%、外来の診察時間は「3分未満」が13.6%、「3分以上10分未満」が53.4%でした。
上記は開業医の診療所ではなく、総合病院や大学病院など入院施設のある大きな病院を対象にしたもので、眼科を含めた全科の調査だと思いますが、患者さんの待ち時間が長いことに対する不満を解消するため、当院では再受診する患者さんの診察に対しては予約制にしております。メガネ合わせ、コンタクトレンズの装用指導、視野検査、白内障手術の術前検査などについても予約制にしております。