山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

視力とメガネ -遠視とは-

▲ 戻る
 正常なら網膜上に結ぶはずの像が網膜より後ろに結んでいる状態です。遠視の人は眼軸長が短いので、ピントを合わせるために調節力を働かせて水晶体をふくらませるので、遠方を見ていても目が疲れます。
近くを見るときはさらに大きな調節力が必要で、より一層疲れます。強い遠視では眼軸長が非常に短いので、目がいくら調節してもはっきり見えないため矯正が必要です。また、軽い遠視でも目が疲れる場合には矯正をした方が良いでしょう。遠視の矯正には凸レンズを使います。凸レンズは焦点(ピントが合う点)を近くにする働きがあり、遠視の人が適切な度の凸レンズを使用すると網膜にピントが合って、正視の人と同じような状態でものを見ることができ、疲れなくなります。
子どもや若い人は調節力が強く、軽い遠視であれば調節力を働かせて正常な視力を示すことはありますが、中年になって調節力が衰えてくるとぼやけて見えるようになります。


eye010.gif