山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

視力とメガネ -目薬による治療-

▲ 戻る
目の調節を休めるために、一般に2種類の目薬を使用します。緑色の目薬(ミオピン)と黄色の
目薬(ミドリンM)を点眼して下さい。

1.緑色の目薬は1日4回(朝、昼、夕、寝る前)点眼して下さい。
  学校等で昼に点眼できない場合は1日3回(朝、夕、寝る前)でも構いません。
2.黄色の目薬は1日1回、寝る前だけに点眼して下さい。
  この目薬は目の緊張をとるだけでなく、瞳孔を広げる作用もありますので、誤って日中に点眼す
  ると、まぶしい、見えにくい(特に近くが見えにくい)といった状態になりますので、必ず寝る
  前だけに点眼して下さい。

翌朝、まぶしい、見えにくくて困るようなことがあったり、また、人によっては目薬がしみる方が
おられますが、あまりにしみて困るようであれば、係り付けの眼科専門医にご連絡下さい。