山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

視力とメガネ -近視とは-

▲ 戻る
正常なら網膜上に結ぶはずの像が網膜より手前に結んでしまい、その結果網膜上の像がぼやけてしまうのを近視といいます。近視には、軸性近視と屈折性近視があります。


eye008.gif
1.軸性近視                            

   眼球の長さ(角膜から網膜までの長さ)を眼軸長といいますが、この眼軸長が正常よりも長す
   ぎると遠くを見たときに網膜の手前で像が結んでしまいます。このような近視を軸性近視と
   いいます。
大部分の近視は軸性近視です。軸性近視の矯正には凹レンズを使います。
   凹レンズは焦点(ピントが合う点)を近くにする働きがあり、近視の人が適切な度の凹レンズ
   をかけると網膜にピントが合って遠くが良く見えるようになります。


eye009.gif
2.屈折性近視                             

   眼軸長は正常ですが、勉強をしすぎるなどして近くを見つめすぎたために、水晶体が近くを
   見つめた状態で固まってしまったものを屈折性近視といいます。遠くを見たときにも近くを見
   つめた状態が取れないために遠方がぼやけて見えるわけです。屈折性近視は偽近視、
   仮性近視ともいい、メガネやコンタクトレンズによる矯正は必要としません。遠方視の訓練や
   目の調節を休める点眼薬を用います。また、目が疲れないように本を読むときなどは、正しい
   姿勢で照明の明るさにも気をつけましょう。テレビや本を見たらしばらく目を休ませて、コン
   ピューターゲームなども40分以上続けないようにしましょう。