山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

私のマラソン記 第25回 いぶすき菜の花マラソン

▲ 戻る

第25回 いぶすき菜の花マラソン

平成18年1月8日
 年末に引いた風邪がなかなか治らず、練習不足、体重増加など不安な気持ちで大会に臨まなければなりませんでした。私一人がエントリーしていたならば、出場は諦めていたと思いますが、この大会には毎年全国から仲間が集まり、一緒に走るのを楽しみにしているので、何としてでも出場したいという気持ちがありました。
当日は夕方の診療後にマイカーで指宿に向かいましたが、車内は乾燥していたため、急激に体調が悪くなりました。ホテに着いて熱を測ると39.2℃で、いったんは出場を断念しましたが、解熱剤を飲み、朝は37℃台に下がったので、とにかく皆さんのスタートを見ようと会場に行きました。結局、会場の雰囲気に飲まれ、走れるところまでゆっくり走って、収容車に乗って帰ってもいいかなぁと考え、スタートしましたが、なんとかゴールすることができました。
結果、昨年よりも30分以上遅いタイム(4時間7分)でしたが、自分としては十分に満足しています。
例年に比べて指宿は寒かったですが、長袖のウェア3枚(ランニングシャツ1枚、ウィンドブレーカー2枚)着ても少し寒かったですから、いかに具合が良くなかったのかがわかります。
出場された皆さんは昨年よりタイムが遅れた方もおられましたが、多くはタイムが短縮したようです。私がこうした状態でしたので、もうひとつ盛り上がりに欠け、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。大会の翌日は、せっかく車で指宿まで来たので少し観光をしようと考えましたが、体調不良でまっすぐに帰りました。
帰りの運転は地獄で、帰宅してから熱を測ると38℃台でした。日頃の健康管理には十分気をつけたいものです。