山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

私のマラソン記 第3回 周南24時間リレーマラソン

▲ 戻る

第3回 周南24時間リレーマラソン

平成H18年9月30日~10月1日
植田
夜中4時頃に降り出した雨で全身ずぶ濡れになり、競技場内はぬかるみ、靴や足もドロドロになりましたが、これはこれで忘れられない経験になりました。夜は本当に寒かったですね。シートやタオルケットなどを用意してくださいまして、カップうどんまでお持ちくださいましてありがとうございました。
今回は昨年より人数が少なかったですが、皆さん多くの距離を走られました。昨年は30km以上を走られた方が私を含めて2名で、その他の方が24km以下でしたが、今年は皆さん大幅に距離数を延ばされました。
Mさん、KAさん、Oさん、そして飛び入り参加のBさんが来られなかったら、大変なことになっていたと思います。でも、今年は例年よりも皆さんが楽しく走っているように感じましたが...走力がついてきたのではないでしょうか?



O氏
私自身、ここ1年半程全く走ることを止めてしまっていて、この24時間リレーマラソンにエントリーすると決めた9月、週4日ペースで、ジョギングを再開しました。全く運動していない身体はとても重く、1年半前の体力はすっかり消えてしまっていました。継続することの大切さしみじみ実感しました。そして、いよいよ24時間リレーマラソンのスタートです。走り終わっても、間が3時間はあるというのに、また次の自分番が廻ってくるのが早いこと早いこと!!そうかと思えば、24時間リレーマラソンがまだまだ続くかと思うと24時間がとても長く感じたり・・・全く、24時間リレーマラソンというものは、不思議な感覚になれる24時間です。
今回とても強く感じたのがあのテントの中の空間のなんとも言えない居心地の良さ。まるで、実家の居間にでもいるような・・・。皆様の暖かさが溢れ出てるのを全身で感じていました。
今度、皆様にお会いできる時は、もっと、もっと自分自身を磨いて、今よりレベルアップしていたいと思います。本当に楽しい時間をありがとうございました。



Y氏
私は15時頃自宅へ戻りましたが、直ぐに眠気に襲われ、ちょっとのつもりが23時ごろまで眠ってしまっておりました。名古屋組の皆様におかれましては、帰路非常に大変だったのではないかとお察しいたします。ご無事に戻られましたでしょうか?
当日は、Bさんにも助っ人に来て頂きなんとか地獄のようなレースにならず、苦しくはありましたが楽しく走ることができました。
Eさん、KTさんには、経費の管理、買出しや、シート、道具等をご用意頂きまして大変快適に過ごさせて頂きました。今回も皆様と無事ゴールができ、また24時間を共有させて頂いたことは本当に貴重な体験をさせて頂いたと感謝しております。本当にありがとうございました。



KT氏
天候も悪く、気温も低いというコンディションでしたが、逆にそれを楽しむかのようにわきあいあいとした雰囲気で非常に楽しい一日でした。前回は途中からでしたが、今回は最初から参加しましたので、今回改めて周南24時間リレーマラソンに参加したと実感しました。また、前回よりも翌日の疲れが少なく、少しは成長したのかな?と実感しております。次回はもう少し鍛錬しタイムをせめて1周10分は切りたいという目標を掲げ挑みたいと思います。当日記録しておりました皆様のタイムの集計と私のデジカメで撮影した写真を添付しております。引き続きよろしくお願い致します。



B氏
偶然とは言え、KAさんにアンカーしていただいて非常に光栄に思います??
私は、広島県にはいったあたりで睡魔が襲ってきてやばいと感じて宮島のサービスエリアで3時間熟睡してから帰宅しました。いつもの事ですが、筋肉痛に襲われ今日一日の車の乗り降りが大変でした。毎回思いますが24時間という過酷?なレースですが楽しみながら貴重な体験をしているような感じがしております。さすが、皆様日頃から鍛えているせいかタイムが早いのに関心させられます。
なかなか皆様とお会いできる機会は少ないので、又機会がありましたら皆様と楽しく走りたいと思います。



M氏
あっと言う間の?とても楽しい24時間でした。参加しないと得られない事、書面で伝えられない感動をまた得られたと思います。1人ではなかなか出来ない事、やらない事も、皆さんと一緒だと出来るという事をあらためて実感しています。睡魔が襲ってきてやばいと感じて宮島のサービスエリアで3時間熟睡してから帰宅しました。
Bさん、多分同じ頃我々もサービスエリアによっていましたよ。帰りの道中では全く睡魔に襲われる事も無く、一気に高速を6時間飛ばして無事帰れました。多分、レース中こまめに横になり延べ5時間ほど寝たのが良かったと思います。また昨日今日とたいした筋肉痛も無くそろそろ夜中にジョギングを始めようかという状態です。ただし疲労感は無いのですが昨日、眼振が確認でき縮瞳傾向が観られました。植田先生、何かレースからの影響が考えられますでしょうか。24時間走る事のみならず、大会申し込み、当日の準備、食料補給、写真撮影、タイムの集計などなど皆さんにお世話になってばかりでした。
また次回お会いできる日を楽しみにして、少しずつ走りこんでいこうと思います。



KA氏
名古屋組はあれからお風呂に入りに行きまして、15:30頃周南を後にしました。その後、Mさんの運転で無事22時過ぎに名古屋へ着きました。初めての参加でしたので、いろいろなことを心配しておりましたが、みなさんのおかげで無事に走りきることができました。(Bさんの計らいで?アンカーまでさせていただきましたありがとうございました。)本当に充実し貴重な体験を一日でした。
なかなか皆様とお会いできる機会は少ないのですが、次の機会も皆様と楽しく走りたいと思います。



E氏
大会では、チーム全員が一つの事に向け頑張り大変充実した一日でした。また、Mさん、KAさん、Oさん、Yさん、Bさんと新たな人との出会いもありました。個人的には、平均8分台を心掛け達成できた事も自信に繋がりました。また今回は県外から来られる方が多かったので「地元の私達がサポートを」を心掛け、前回参加者Yさん、KTさんそして、大会本部等に連絡を取り行動した事も、私自身の良い経験になりました。