山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

私のマラソン記 東京マラソン 2007

▲ 戻る

東京マラソン 2007

平成19年2月18日
植田
 昨日、「東京マラソン2007」に出場しました。約3万人のランナーが参加する一大イベントでした。私の診療所の男性2人と私の3人がインターネットで申し込みをしたのですが、3人ともハズレでした。
「東京マラソン2007」と同日に大阪で「泉州国際市民マラソン」(フル)が開催されるので、私はそちらに参加する予定にしていましたが、その後(11/15)に事務局より追加当選の連絡があり、東京マラソンのほうに参加することにしました。MさんやIさんも申し込みされたようですが、残念だったようです。
昨日はKTさんと一緒に走りました。(ご存知の通り)東京は雨で、肌寒い天気でした。当初、スタート30~40分前に並ぼうとしたのですが、寒いのでしばらく近くのマンションの駐車場で雨をしのぎました。
スタートの号砲があってから約8分後に我々はスタートラインを越えました。なんせ3万人ですから、両車線6車道ぐらい道路は人で埋まっていました。自分たちのペースで走れるようになったのは5km過ぎたあたりだったでしょうか?前半はおさえて走ることにしたのですが、雨だとなかなか体が温まりませんでした。品川を折り返して浅草に向かう間は向かい風でペースも落ちました。25km地点まではKTさんと一緒でしたが、KTさんは両足の親指が痛くなったということで、先に行かせていただきました。
コースはフラットなところが大部分で、東京の観光名所(都庁~飯田橋~皇居前~日比谷~品川~銀座~日本橋~浅草雷門~築地~豊洲~東京ビックサイト)をまわることができ、とてもすばらしいと思いました。
必要以上にアミノバリューと水(なんとペットボトル)が置かれていましたが、問題なのは食べるものが少なかったことです。25km過ぎになってやっとバナナと氷砂糖にありつけましたが、量は少なく、後から来たランナーは品切れの状態だったようです。35km過ぎ(あるいは40kmあたりだった)にもバナナはありました(ここでは手にしませんでした)が、もっと早くほしいと望んだのは私だけではなかったと思います。
そして、完走した後に預けた荷物を受け取るのですが、自分の番号を言ってもなかなか受け取ることができませんでした。私の場合30分近く待たされました(スタート地点は新宿の都庁前でゴール地点は有明の東京ビックサイトです。したがって、着替えなどはスタート地点で渡し、トラックで運んでいただいたのですが、番号で区別されたものがゴール地点ではきちんと整理されていないので、荷物受取場では渋滞の状況でした)。これらが来年は改善されることを望みます。
ゴール後は、KTさんと築地で丼とすしを食べて帰りました。
ゴールしてから雨が上がり、絶好のコンディションでした。来年は天気だといいなぁと思いましたが、来年出場できるかどうかわかりません。参加したとしても選ばれないかもしれませんから...。
ちなみに、
【男子】
1 ダニエル・ジェンガ ケニア(ヤクルト所属)2時間09分45秒
2 佐藤 智之 旭化成 2時間11分22秒
3 入船 敏 カネボウ 2時間12分44秒
4 林 昌史 ヤクルト 2時間15分28秒
5 徳本 一善 日清食品 2時間15分55秒
【女子】
1 新谷 仁美 豊田自動織機 2時間31分01秒
2 谷川 真理 アミノバイタルAC 2時間49分54秒
3 田中 光 旭化成東京JC 2時間50分02秒
4 レノン チームRTN 2時間52分04秒
5 有森 裕子 リクルートAC 2時間52分45秒
 でした。


KT氏
 植田先生からのメールにありましたように、「東京マラソン」に参加してきました。
私は、前日エントリーの為、17日朝より東京に入りました。東京ドームで「マラソンEXPO」なるイベントが開催されており、各メーカーがブースを出して、公式記念品の販売やランニングフォームの動画によるチェック、足のサイズの計測等を実施しておりました。各ブースとも測定は予約制で長いもので3時間の待ち時間になっておりました。公式記念品も土曜日の朝行ったときに売り切れのものもあって、目当てのものは買うことができませんでした。このイベントだけに行くだけでも十分に価値があると思います。私にとってフルマラソンは4回目でしたが、雨のレースは今回が初めてで、雨対策はカッパしか持っていませんでした。スタートまでの待ち時間の寒さが少しきつかったです。
3万人のランナーということもあって、ゆっくりのスタートで順調に植田先生とともに走っておりましたが、銀座を越えたあたりから、両足の親指に異変を感じだしました。その頃からちょうど空腹感に襲われ「お腹すいた~」と思いながら、事前情報で23kmすぎのエイドにあんぱんとバナナがあるのを聞いていたので、楽しみに走っておりました。しかしながら25kmすぎのエイドで「食べ物は何も残ってない」と聞かされ落胆いたしました。飲み物は十分すぎるほどありました。仕方ないので近くのコンビニに駆け込みおにぎりを3個買い込んで食べて走りました。沿道からの差し入れにもハイエナのようにみんな集まって、あっという間になくなるほどでした。(いぶすきでは満腹になるほどいつも食べて走っておりました。)
今回のレースは、おのぼりさん状態でキョロキョロしながら、東京観光ができ事前情報以上に良いコースだと思いました。応援の方々もコース全域に途切れることなくたくさんの人が応援してくれていたのもすごく励みになりました。来年も当選してぜひ参加したいと思います。
私が目撃した有名人
小出監督(イベントブース)、有森祐子(22kmぐらいすれ違い時)、鈴木宗男(スタート時4時間7分40秒)、露木茂(スタートラインのコーラスの中)、石原都知事(スタート台)、河野衆院議長(スタート台)
またみなさんと御一緒できるように練習を続けたいと思います。