山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

視力とメガネ -ものの見え方-

▲ 戻る
0.1しか視力がないのに自分が見えないなどとは全然気づかない人もいれば、1.5見えてもまだ
ぼけると言い張る人もいます。一概に視力が悪いといっても、いろいろな種類があります。

1.カメラのピンボケに相当するもの
   近視や乱視ではピントが合わないためにぼけて、乱視ではある方向に流れてぼけて見えます。
   度が強ければぼけ方もひどくなります。また、老眼では手元にピントが合いません。

2.レンズの汚れやくもりに相当するもの
   角膜や水晶体の混濁などで目に入った光がじゅうぶん網膜に届かないため、眼鏡をかけても
   よい視力が出なくなります。水晶体の混濁は白内障といいます。

3.フィルムの異常に相当するもの
   網膜の病気では像が歪んだり、見ようとするところが見えなかったりして視力が悪くなり
   ます。
    
4.カメラのブレに相当するもの
   視線が定まらず、いつも目が揺れている眼振などでは、ほかに異常がなくてもよい視力が得ら
   れません。

5.写真の現像ミスに相当するもの
   眼球そのものは異常なく、像がちゃんと映っていても、それを伝える神経や、認識する脳に
   異常があればものはよく見えません。