山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

ウィルス性結膜炎

▲ 戻る
1.「ウィルス性結膜炎について」
2.「症状と治療」
3.「ウィルス性結膜炎の種類と症状」
4.人にうつさないために
5.点眼について


ketumaku_wirus2.gif結膜炎を起こすウイルスには多くの種類があり、ウイルスの種類が違えば症状や経過も違います。また、ウイルスには目への伝染力の強いものと弱いものがあり、伝染力の強いウイルスによる結膜炎は『はやり目』といいます。感染して症状が出るまで多少時間がかかります。
これを潜伏期といいます。潜伏期はウイルスの種類によって1日であったり、10日以上であったりします。



ketumaku_wirus3.gif一定期間の潜伏期をおいて結膜が赤くなり、めやにがたくさん出ます。ひどくなると涙が出て、目に何かが入っているかのようにゴロゴロします。また、まぶたも腫れてきます。このような症状が出ると数日間は全身もだるく、発熱があったり、耳の下のリンパ節が腫れたりします。結膜炎が治まるまでには1~2週間位かかりますが、症状や経過はウイルスによって違います。
治療については、現在のところ、ウイルスに対する特効薬は残念ながらまだありません。一般に、抗生剤や消炎剤等の点眼薬が処方されます。これは、弱り目にたたり目ではありませんが、ウイルスで弱った目に細菌など他のものによる感染が合併しないようにするためです。さらに、角膜に点状の混濁が発生しないように、その予防手段としての処置です。点眼薬をさしても、病初期(発病後1週間)の結膜炎の症状は徐々に悪くなることがありますが、ウイルス自体の感染経過ですから心配することはありません。




ketumaku_wirus4.gif1.流行性結膜炎

流行性角結膜炎は、めやに等に含まれるアデノウイルス8型による感染によって起こります。流行性といわれるように、非常に伝染力の強い結膜炎です。角結膜炎という病名は、結膜と角膜に病変が合併することから命名されています。 結膜炎の症状としては、白目全体が赤くなり、めやにがたくさん出ます。ひどくなると涙がたくさん出て、目に何か入っているかのようにコロコロします。また、まぶたも腫れてきます。発病10日位になり、結膜炎の症状が峠を越す頃になって、今度は角膜に小さな点状の混濁が発生して(黒目に星が入って)、目がかすむようになります。一度混濁ができると、数カ月~数年にわたって混濁が消えないことがあります。 学校や職場は1週間~2週間は休む必要があります。無理に登校、出勤して他の人に移してしまうと周りは大変迷惑するからです。

2.咽頭結膜炎

プールなどで広まり、喉が赤くなり、高熱が出たりするのでプール熱とも呼ばれます。アデノウイルス3型等による感染によって起こります。潜伏期は数日で、流行性角結膜炎よりも結膜炎ははやく軽快しますが、便に1か月以上もウイルスが出るので、結膜炎が治まってもなかなかプールの許可が出ないのはこのためです。

3.急性出血性結膜炎(アポロ病)

この結膜炎はエンテロウイルス70型による感染によって起こります。潜伏期は1日で、目の痛みで始まり、白目に真っ赤な出血が出現しますが、早くて数日、長くても数週間でだんだんと消えていきます。非常に稀ですが、この結膜炎が治る頃に合併症として神経麻痺が起こることがあります。




ketumaku_wirus5.gif感染はカゼ(感冒)のように空気中を飛んで起こるのではなく、手やタオル、ハンカチ、プール
などから直接目にウイルスが入って起こります。完全な乾燥や200度の熱による殺菌以外に
確実な消毒法はありません。
現在のところ消毒薬や予防薬の有効なものがないため、まわりの人にうつさないために以下の点に気をつけて下さい。

1.なるべく手で目を触らないようにしましょう。
  目に触れたり点眼した後は必ず手を洗います。うっかりその辺の物を触ったりしないようにしま
  しょう。手の洗い方は水道水を流しながら石けんで良く洗います。目に触ってから汚れた手で
  蛇口をひねって水を出し、洗った手でまたひねったのでは何にもなりません。
  ですからあらかじめ水を出しておいてから目に触るとか、人に開閉してもらうなどの工夫がいり
  ます。また、家庭では患者さんだけでなく家族も水道水を流してから手を石けんで良く洗いま
  しょう。蛇口にも水か熱湯をかけて下さい。

2.なるべくタオルなどの布は使用せず、ティッシュペーパーやペーパータオルを利用しましょう。
  ウイルスがたくさんいる目やにや涙は、これらでぬぐって一定のビニール袋に入れて、そのつど
  封をして最後にまとめて捨てましょう。

3.タオルや枕カバーなどの布製品は別に使用し、使用後は少なくとも2~3分間煮沸消毒し、
  日光に良くあてて干しましょう。

4.入浴や洗髪は症状がおさまるまで控え、シャワー程度にとどめ、どうしても入浴しなければ
  ならない場合は最後に入って下さい。シャワーのときは目にかからないようにして下さい。
  残り湯は洗濯などには使わず流しましょう(翌日にも入らないようにして下さい)。洗面器は
  別にした方が良いのですが、別にできない場合は使用後は良く洗って熱湯を入れ消毒
  します。また、入浴後、浴室のタイルにやかんで一杯の熱湯をかけておくと安心です。

5.茶碗、はし、下着、ハンカチなどもできるだけ煮沸し乾燥しましょう。プールは禁止です。
  医師の指示に従いましょう。

6.次々に感染する危険がありますので、学校、職場は休む必要があります。発病して1~2週間
  ぐらい感染しやすいですが、軽くすむこともありますから、眼科医に休みの期間は相談して
  下さい。治ったように思えても、医師の指示が出るまで、しばらくの間は他人と接したり、
  遊びに行ったり、友人を招待するのはやめましょう。

※なお発病の2~3日前からすでに感染力があるため、症状が出てから気をつけてもすでに遅く、
 まわりの人に感染していることもあります。

普段から汚れた手で目をこすったりする習慣をやめましょう。


ketumaku_wirus5.gif 点眼は必ず指示通りさしましょう。

結膜炎症状が治ったから、もう、この病気は治ったと勝手に判断して、点眼をやめ、眼科を受診しないようなことは決してしないで下さい。結膜炎は治っても角膜に混濁が出現している場合があります。また、点眼薬によっては副作用の起こることもありますから、必要以上に点眼しないで下さい(点眼回数を守って下さい)。

片方の目しか症状が起こっていない場合は、病気の目にだけさして下さい。また、他の人には点眼薬をかさないで下さい。予防にと良い方の目にさしたり、他の人がさすと病気の目のまつ毛に触った点眼容器が汚染し、これによりわざわざ移してしまいます。

点眼のしかた

まず手を洗い、ティッシュペーパーを用意し、顔を思いきり上に向けるか、仰向けに寝て、片方であかんべえをし、反対の手で持った点眼容器の先がまつ毛に触れないように気をつけて点眼します。まつ毛に触れると先が不潔になりますし、あまり目に近づけると、涙や細菌を吸い込んで目薬が汚染されます。点眼は1滴、多くとも2滴で十分です。つけた後は軽く目をつぶり、ティッシュペーパーであふれた薬をおさえて吸い取ります。こすってはいけません。2種類以上の薬をつけるときには、それぞれが薄まったり作用に影響が出たりするので、少なくとも5分以上は間をおいた方が良いでしょう。

☆あらかじめ水道水を流しておいて、目にさわった手を他にさわる前にすぐ石けんで良く洗う必要があります。