山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

白内障と手術の説明会資料

▲ 戻る
     公開する資料は、当院で白内障の手術を受ける患者さんおよびその家族の方々に、白内障と
     その手術のことをより理解していただくため、そして最も大切な事として、患者さんと医師との
     信頼関係を深めるために使用している資料の一部です。



   白内障と手術
人の目はよくカメラに例えられます。カメラのレンズに相当するのが水晶体で絞りに相当するのが虹彩です。フィルムは網膜に相当し、外界の像はこの網膜に達した後に視神経を介して脳に達して、字を読んだり人や物などを見分けたりすることができます。
この水晶体は直径約9mm、厚さ約4mmの凸レンズの形をしています。水晶体は「水晶体嚢(のう)」という薄い透明の膜で覆われています。水晶体嚢は前面が前嚢、後面が後嚢と呼ばれています。水晶体は中央の「核」とその周囲の「皮質」に分かれています。
正常な水晶体は透明ですが、さまざまな原因で水晶体が濁ってくることがあります。これを白内障といいます。水晶体の濁り方として、皮質が濁る場合と核が濁る場合があります。
通常の白内障の進行を模式図に示します。皮質は周辺部から濁り始めて、徐々に中央に及んで全体が白濁します。一方、中央の核も徐々に濁り、黄色から褐色になります。
実際の目の写真を呈示します。正常な目では水晶体は透明です。
白内障の目では水晶体の混濁があります。この患者さんの目は皮質の周辺部に強い濁りがあります。
この患者さんの目は皮質の混濁が中央に及び、核にも混濁があります。
この患者さんの目も同様に皮質と核に混濁がありますが、核の混濁は強いです。
この患者さんの目は皮質の混濁は軽いですが、核の混濁が強いです。
この患者さんの目は皮質の混濁が強く、まっ白になっています。皮質の混濁のため核は見えません。
目の奥(眼底)を撮影した写真です。通常では視神経や網膜の血管の状態などがわかりますが、白内障の患者さんの目は光が十分に目の奥に到達しないため、ぼやけた眼底写真しか撮影できません。
白内障はさまざまな原因で起こりますが、もっとも多いのは加齢によるものです。この他に、外傷による白内障、全身疾患(糖尿病、アトピー性皮膚炎など)に合併する白内障、他の目の病気(ぶどう膜炎など)に続いて起こる白内障、薬物(ステロイド剤など)によって起こる白内障、放射線、紫外線、赤外線によって起こる白内障、先天性の白内障などがあります。
正常な目では光をよく通しますが、白内障の目では水晶体が濁っているので、光がうまく通過しないためにかすんで見えたり、光の乱反射によってまぶしくなったりします。眼鏡が合わなくなったり、2重3重に見えたりすることもあります。目の中の水晶体の濁りが原因であるため、眼鏡を調整してもこれらの症状は改善しません。
日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬や内服薬により、白内障の進行を遅らせます。これらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。ある程度進行すると白内障の手術を考えなくてはなりません。
見え方が悪くて生活に支障を生じる、外ではまぶしくて見づらい、視力が0.7以下になって運転免許の更新ができないようであれば、手術を検討します。
白内障の手術は、主として、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出す手術(超音波摘出術)が行なわれます。
白内障が進行して、核が固くなっている場合は、水晶体の核を丸ごと取り出す手術(水晶体嚢外摘出術)を行なうこともあります。
濁った水晶体を摘出すると明るくはなりますが、レンズがないためピントが合いません(物がはっきり見えません)。そこで、人工的につくられたレンズ(眼内レンズ)を目の中に入れます。
実際に眼内レンズを目の中に入れた写真を呈示します。
白内障でぼやけた眼底写真しか撮影できなかった患者さんですが、手術をした後ははっきり見えるようになりました。
確実な手術を行なうためには、私たち医療機関の努力が求められますが、患者さんのご協力も必要です。交通事故を例にしますと、未熟なドライバーだと事故を起こす可能性は高いですが、ベテランのドライバーといえども集中力を欠くと事故を起こすことがあります。一方、ドライバーが安全運転をしていても、歩行者が急に路上に飛び出すと衝突してしまう危険性があります。また、車の調子が悪いと事故が起こる可能性は高くなります。白内障の手術の場合も同様に、手術する医師が未熟だとトラブルを起こす可能性は高くなります。ベテランの医師といえども集中力を欠くとトラブルを起こすことがあります。一方、医師が的確な手術をしていても、患者さんが急に目や体を動かすとトラブルを生じることがあります。顕微鏡を使用した細かな手術を行いますので、わずかな目や体の動きが手術に大きな影響を与えます。また、手術の際に使用する器械の調子が悪いとトラブルを生じることがあります。したがって、トラブルが起こらないためには、医師の技術と集中力、器械の整備および患者さんのご協力が不可欠です。
手術を行なう前に当院で行なう処置は、
1.特殊な目薬で瞳孔を大きく開きます(散瞳)。
2.麻酔の目薬をさします。
3.目の中および目の周囲の洗浄と消毒を行ないます。
手術中に患者さんにお願いしたいことは以下の通りです。
1.なるべくリラックスした状態を保つ。
2.急に目や体を動かさない。
3.医師の指示された方向を見る。
4.何かリラックスできない状態があれば、そのことを早めに言う。
手術後の日常生活の主な注意点は以下の通りです。
1.目薬をさし忘れない。
2.目をこすったり、押さえたり、ぶつけたり しない。
3.目の中および目の周囲を不潔にしない。
4.アルコールを控える。
5.運動をしない。
6.重たいものを持たない。
手術後の日常生活の主な注意点は以下の通りです。
1.目薬をさし忘れない。
2.目をこすったり、押さえたり、ぶつけたり しない。
3.目の中および目の周囲を不潔にしない。
4.アルコールを控える。
5.運動をしない。
6.重たいものを持たない。
手術における主な重篤な合併症としては、スライドに示すようなものがあります。
1.手術後に眼内に炎症を生じます。ひどい場合には重篤な障害を残すことがあります。
2.手術中にひどい出血を起こすことがあります。ひどい場合には重篤な障害を生じることがあります。
3.手術後に網膜剥離を生じることがあります。ひどい場合には重篤な障害を残します。
4.手術後に網膜の中心(黄斑部)が腫れることがあります。物を見ようとするとその中心部がはっきり見えません。
5.手術後に角膜(黒目)が濁ることがあります。
6.手術後に一過性の高眼圧を生じたり、緑内障になることがあります。
7.手術中に毛様体小帯が断裂することがあります。
8.挿入した眼内レンズがずれることがあります。
9.手術中に水晶体の後嚢が破れる(破嚢)ことがあります。
10.破嚢した後に、硝子体が前方に脱出することがあります。
11.破嚢した後に水晶体の核が硝子体中に落下することがあります。
12.手術後にまた白内障を生じることがあります。
手術中に毛様体小帯が断裂すると以後の操作が難しくなります。超音波摘出術および水晶体嚢外摘出術では水晶体嚢を残しますが、これが困難となり、水晶体嚢を含めて水晶体全部を摘出しなければならないことがあります。
眼内レンズを挿入しても、何らかの原因でその眼内レンズが偏位することがあります。
後嚢が破れる(破嚢)と、硝子体が前方に脱出することがあります。
その他の合併症として、後嚢が破れてしまうと眼内レンズを入れるスペースが確保できなくなります。
後嚢が破れて眼内レンズが入れられなかった場合は眼鏡あるいはコンタクトレンズを使用していただくことになりますが、眼内レンズを目の中に縫着する手術を行なうことがあります。
後嚢が破れて、水晶体の核が目の奥の方に移動してしまう(核の落下)と、それを摘出する手術(硝子体手術)を行なわなければなりません。
白内障の手術後、数ヶ月~数年して、また、まぶしくなる、目がかすむことがあります。これは、「後発白内障」といわれるもので、手術の際に残しておいた水晶体の後嚢が濁ってくるために起こります。後発白内障は手術の必要がなく、特殊なレーザーを使って簡単に濁りを取ることができます。視力はすぐに回復し、入院の必要もありません。
写真は後発白内障が起こった患者さんに、特殊なレーザーで濁った後嚢の中央部に穴を開けたものです。
白内障の手術後の視力に影響を与えるものとして、まず、白内障以外の眼の病気の有無があります。今回行なうのはカメラでいえばレンズの交換で、レンズ以外の問題(白内障以外の眼の病気)があればそれが原因で十分な視力は得られません。また、目の中に入れる眼内レンズの度数が適切でないとピントが合いません(はっきり見えません)。さらに、乱視が変化するに伴って見え方も変化することがあります。
目の奥の網膜に出血(眼底出血)を生じた患者さんの写真ですが、このような患者さんはこの眼底出血が原因で良好な視力は得られません。
眼内レンズ挿入後の目は、若いときのように遠方も近方もよく見えるようにはなりません。老眼になった方はご理解いただけると思いますが、遠くがよく見える眼鏡は近くがはっきり見えません。逆に近くがよく見える眼鏡は遠くがはっきり見えません。眼内レンズも同じようなことがいえます。したがって、眼内レンズの度数を遠方重視にするか、近方重視にするか、あるいは中間距離に合わせて遠方と近方をほどほど見えるようにするかのいずれかにすることになります。但し、片目だけでなく、両目のバランスを考慮して眼内レンズの度数を決定しなければなりません。

白内障の手術後に青っぽく見えることがあります。この症状を青視症といいます。水晶体は年齢とともに黄色に着色します。すなわち、年齢とともに色の濃くなる「黄色のサングラス」をかけてものを見ているような状態になっています。白内障の手術で黄色に着色した水晶体を除去し、透明な眼内レンズを挿入すると、この「黄色のサングラス」が外れて、全体が青っぽく見えるようになります。この症状は通常、経過とともに軽くなります。

白内障の手術に満足していただくためには、患者さんと医療機関の信頼関係が求められます。医療機関は患者さんに対して十分な説明を行ないます。そして患者さんから同意が得られれば手術を行ないます。手術をするかしないかの最終決定は患者さんの意思によります。医療機関は手術を行なう上で必要な医療水準が求められますが、当院ではこれまで多くの患者さんに手術を行なってきた実績があります。また、万が一、重篤なトラブルが生じて、当院で対応ができない場合には、より医療水準の高い医療機関を紹介します。なお、当院は山口大学附属病院眼科の関連病院です。