山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

視力とメガネ -弱視とは-

▲ 戻る
視力は脳とともに向上し、3歳になると半分以上の子どもが1.0見えるようになり、6歳で大人とほとんど同じ視力になります。
ところで、子どもの視力は毎日目を使って絶えずものを見ていないと発達しません。発達の途中で何らかの原因でものが見えにくい時期があると、見えにくい方の目は視力の発達が止まってしまいます。このように視力が悪い状態で止まってしまうことを弱視といいます。弱視になってしまうとメガネやコンタクトレンズによる矯正、手術をしてもそれ以上視力の向上は期待できません。弱視の治療は目を使わせることです。
しかし、大人になってからいくら目を使っても治りません。成長が止まってからいくら食事をとっても運動をしても身長が伸びないのと同じです。弱視が治るのは6~7歳(正確なことは不明)といわれていますが、早ければ早いほど治りやすいので、なるべく早く治療をする必要があります。
弱視の原因はいろいろとありますが、眼科医によくみてもらって適切な治療をしなければなりま
せん。