山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

視力とメガネ -目が見えるしくみ-

▲ 戻る
目はよくカメラに例えられます。カメラのボディが網膜、レンズにあたるのが角膜と水晶体で、ピントは毛様体と水晶体が合わせますが、このピント合わせはオートフォーカス機構です。絞りは虹彩で、光の量に応じて反射的に瞳孔(ひとみ)の大きさが変わります。フィルムは網膜に相当し、外界の像はこの網膜に達した後に視神経を介して脳に達して、字を読んだり人物やものを見分けたりすることができるわけです。したがって、この角膜から網膜、さらに脳に至るまでの間に障害が起きれば、目は開いていても、ものは見えません。

・目の構造とカメラ

・角膜(かくまく)
  透明な膜
・水晶体(すいしょうたい)
  レンズの役目
・虹彩(こうさい)
  光が入るのを調節する
・毛様体(もうようたい)
  水晶体の厚さを変える
・網膜(もうまく)
  光を感じる細胞
・硝子体(しょうしたい)
  99%が水分・ゼリーのようなもの
・視神経(ししんけい)
  網膜に映った光を脳に伝える
カメラ
レンズ
(オートフォーカス機構)
絞り
フィルム
フィルムまでの距離
角膜と水晶体の合成系
毛様体と水晶体
虹彩
網膜
眼軸長