山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

私のマラソン記 博多駅から門司港駅までの80km走(2010年9月5日)

9月19日の大阪駅から天橋立駅までのウルトラマラソンの前に、まとまった時間が取れるのは今日が最後なので、12時間でどれだけ走れるかを試してみることにしました。
朝、新下関駅から博多駅まで新幹線で行きました。



朝食を食べずに新幹線に乗り込んだので、博多駅構内の吉野家で牛丼を食べるつもりでした。ところが、その吉野家がありません(閉店していました)。おにぎりかパンで済まそうかと思いましたが、どうしても牛丼を食べたいので、走りながら探すことにしました。
博多駅を出発したのは午前9時半頃でした。博多の地理には詳しくないので、まごつきましたが、人に尋ねて国道3号線を進むことにしました。
走り出すと、朝から何も食べていないので、空腹がだんだんと気になりだしましたが、牛丼屋はありません。吉野家、すき家はどこにあるのか?と、それだけを考えながら走りました。
箱崎八幡宮



を過ぎたところにやっと吉野家がありました。走りはじめて30分近く経っていたのでお腹はぺこぺこです。牛鍋丼の並(280円)と半熟たまごをお腹にかきこみました。エネルギーの補給が済み、これでやっと走ることに集中できます。
今日は晴れときどき曇りの天気です。日陰を探して走りますが、だんだん太陽が頭の真上に差し掛かると、日陰はありません。とにかく暑いです。
自動販売機でスポーツドリンクやミネラルウォーターを買う頻度が増えます。体を冷やす水道水を探しますが、公衆トイレが見つかりません。休店しているお店の水道を拝借しようと思いますが、蛇口をとっているところばかりです。
古賀を過ぎた郵便局の水道には蛇口がついていました。頭から水をかぶり、背中や腹、腕や足にも水をかけて体を冷やしました。ここから遠賀川に向かう途中は少し田舎です。こうしたところでは、皆さん大らかなのでしょうか?水道に蛇口をつけているところがちょくちょくとありました。30分を目安に、手に持った空のペットボトルに水道水をもらって、それを体にかけながら走り続けました。そして、人目が気にならないところでは、頭から水をかぶるということを繰り返しました。体が暑くないと、のどの渇きも少し落ち着きますし、体が冷えると足も前に出ます。とにかく、体温上昇に注意することが重要であることを再認識しました。岡垣市では花にホースで水をやっている男性がいたので、その水を頭からかけてもらいました。博多駅から北九州市の方に向かっているというと驚いていました。
9月2日に新下関駅から遠賀川駅まで行きましたが、その遠賀川駅に到着したのは16時14分でした(博多駅から約47km)。スタートしてから約6時間45分です。







今日はどんなことがあっても遠賀川駅には行こうと思っていたので、この遠賀川駅に着いたということで安心したのか、急にお腹が空いてきました。朝食べた牛鍋丼と半熟たまごのことが思い出され、また牛丼屋を探すことにしました。
食べたいと思うとなかなか店が見つかりません。遠賀川駅から約7~8km離れた黒崎駅の手前に、やっと吉野家がありました。1時間以上空腹と闘っていたので、牛丼の並(380円)と半熟たまごの味はこたえられませんでした。
遠賀川駅から黒崎まではエネルギー不足でトボトボ走っていたのですが、炭水化物と蛋白質の補給で足取りはしっかりしはじめました。店内で体が冷えたこともよかったのだと思います。夕方になって天気は曇りになり、走りやすくなりました。それでも街中に標示してあった気温は30℃(19時頃)でした。
上り坂は歩きましたが、今回はゆっくりでも走り続けることを意識しました。この暑さに体も慣れてきたようです。なんとか走り続けました。八幡から門司港までは9月2日とは違うルートで進みました(地元の人に聞くと、この方が近道だと言われたので)。
門司港の関門汽船(門司港と下関を結ぶ船)の渡し場に着いたのは21時51分でした。





なんと、下関への最終便は21時50分で、たった今出たばっかりでした。ここに着く少し前に、門司港から見た下関の海峡タワーや関門橋の写真などを撮ったりして、時間を費やしたのが悔やまれます。船に乗れれば、唐戸から新下関まで走ることができたのに...。



でも、その一方でちょっとほっとしている自分がいました。スタートして12時間12分38秒です。途中で吉野家に2回入りましたので、その時間を引くと、ほぼ12時間です。博多駅から門司港駅までは81.29km(平均9分01秒/km)。



これまでの調子を考えると、まずまずの走りだったと思います。新下関までは残り約8kmです。1時間半ぐらいで着けたとは思いますが、限界に近付いていたのは事実です。
今回のコースはフラットだったのでなんとか走り続けることができましたが、大阪駅から天橋立駅までのコースは、坂道が多いので、大半が歩きになると思います。
今回の81kmと比較して、約150kmという距離だけでなく、アップダウンの道を考えても、かなりきびしい状況になると思いますが、皆さんと一緒ですので、元気をもらいながら何とか完踏したいと思います。

追記
 走る前にワセリンを体に塗っていなかったので、脇、股、膝の裏側がウェアにこすれてただれていました。長時間走るときはワセリンを絶対に塗らないといけないですね。
 診療所に戻って、体を流した後は水風呂に浸かり、足を水で冷やしました。翌日は筋肉痛はほとんどなく、足も腫れていませんでした。アイシングの効果は絶大です。ただし、このところ私の場合、筋肉痛や腫れは翌日ではなく、2~3日後に起こるので、安心できませんが...。
 9月5日の京都府京田辺市で午後3時頃に39.9℃を観測し、9月としての観測史上最高を更新しました。京都府福知山市が38.8℃、兵庫県西脇市が37.9℃、大阪市でも36.2℃を記録したようです。当日は涼しくなってもらいたいものです。


大きな地図で見る