山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

私のマラソン記 新下関から遠賀川まで(2010年9月2日)

大阪から天橋立までのウルトラマラソンを2週間後に控え、練習に励んでいますが、思うような走りができなくて焦っています。
木曜日の午後は休診です。9月2日(木)は時間が取れたので、長い距離を走ることに決め、どのコースにしようかといろいろと考えました。2008年6月に仲間と新下関から福岡国際会議場を走ったコースが浮かんだので、そのコースをたどりながら北九州の方に向かうことにしました。新下関から関門トンネルの人道口までは近道をしました。人道トンネルに入ろうと近づくと、シャッターが降りていました。



9月1日から関門トンネルの車道が工事で通行止めになっているのは知っていましたが、人道トンネルも通行止めでした。



この間はバスで歩行者を運ぶ(関門橋を利用)のですが、待ち時間が長かったので、唐戸まで走って行って船で関門海峡を渡って門司港に行くことにしました(先日、森田さんと乗った船です)。



船上から関門橋の写真を撮りました。





門司港からは国道191号線をひたすら福岡市の方に向かって走りました(小倉城には行きませんでした)。若戸大橋やスペースワールドで写真を撮ったときは、仲間と一緒だった時を思い出しました。







戸畑市内を走っているときに、気温が標示されているのを見ました。18時半すぎで日差しも弱まり、比較的涼しく感じていましたが、気温は30℃です。日中は何℃だったのでしょうか?9月に入っても相変わらず暑い日が続きますが、早く涼しくなってほしいです。
黒崎までは比較的順調に進みましたが、黒崎を過ぎてからは歩きが入るようになりました。スタートするときに、遠賀川駅まで行きたいと目標を定めていたので、何としてもという気持ちで進みました。遠賀川を渡す橋を見たときはやっとという気持ちでした。





遠賀川駅に着いたのは21時15分でした。移動距離は46.70km、所要時間は休憩時間を含めて6時間30分(平均ペース8分22秒/km)でした。帰りはJRを乗り継いで新下関駅に戻りました。
暑さにはだいぶ慣れてきたのですが、なかなか思うように走れません。このところ練習も積んで筋力もついてきたと思います。認めたくないのですが、歳のせいなんでしょうね。


大きな地図で見る