山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

網膜剥離

カメラのフィルムに相当する部分を網膜といいますが、この網膜に小さな孔(あな)が生じて、この孔から眼球内の水(厳密には液化した硝子体)が網膜の下へ入りこんで、網膜が剥離する病気です。網膜に生じた裂け目を網膜裂孔といいますが、丸い形をしているものは円孔ともいいます。
網膜が剥離した領域では物が見えにくくなります。一般に網膜剥離は進行するため、見えない領域が広がります(最悪の場合は失明します)。物を見る中心部の網膜が剥離すると見え方が極端に悪くなります。
網膜裂孔(円孔を含む)が生じても網膜剥離を伴っていない場合には、網膜裂孔の周囲を特殊なレーザーで凝固(網膜光凝固術)を行うと、網膜剥離を予防できます。写真は当院で網膜光凝固術を行ったものです。
網膜剥離になると外科的に手術する必要があります。網膜の中心部が剥れた場合は手術で網膜剥離が治っても手術後の見え方は元のように戻らないことが多いです。したがって、早期発見、早期治療が求められます。
当院では手術は行っていませんので、網膜・硝子体を専門にしている眼科医がおられる医療機関をご紹介しています。

             網膜裂孔            網膜光凝固術後