山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

白内障と手術

■白内障日帰り手術 -2014年4月-

当院では白内障に対して日帰りの手術を行っています。
手術は白内障および角膜疾患、緑内障のエキスパートの先生が当院に来られて執刀しています。
当院は山口大学医学部附属病院眼科指定関連病院で、これまで近間泰一郎先生(現広島大学病院准教授)、布 佳久先生(現下関医療センター眼科部長)、近本信彦先生(現近本眼科院長)が来られていました。現在は森重直行先生(現同眼科講師)、鈴木克佳先生(現同眼科講師)が来られています。
当院で行っている白内障手術の手技は山口大学附属病院で行っている手技とほとんど同じです。
これまでに1,342眼の手術を行ってきました(2014年4月1日時点)。

    森重 直行(もりしげ なおゆき)先生
【略歴】
1997年 山口大学医学部卒業 / 2002年 山口大学大学院医学研究科修了、医学博士(山口大学)、山口大学医学部眼科学教室 助手、日本眼科学会専門医 / 2004年 山口大学医学部眼科学教室 学部内併任講師 / カリフォルニア大学アーバイン校 留学 / 2006年 山口大学医学部眼科学教室 学部内併任講師 / 2011年 山口大学医学部眼科学教室 講師 /
(専門) 角膜疾患
     
  鈴木 克佳(すずきかつよし)先生
【略歴】
1995年 山口大学医学部卒業 / 2000年 山口大学大学院医学研究科修了、日本眼科学会専門医、医学博士(山口大学)/ 2001年 都志見病院眼科医長 / 2004年 宇部興産中央病院眼科医長 / 2006年 山口大学医学部眼科学教室 助手 / 2007年 山口大学大学院医学系研究科眼科学 講師 / 2012年 ロンドン モアフィールド眼科病院 留学 / 2013年 山口大学大学院医学系研究科眼科学 講師 /
(専門)緑内障


当ホームページに掲載する「白内障と手術」の内容は、あくまでも当院の取り組み方を記したもので、医療機関によってそれぞれ違いがあることを念頭に置き、ご覧下さいますようお願いいたします。


「白内障と手術」の説明会
当院の院長が行なう「白内障と手術」の説明会に使用しているものを掲載してあります。



「白内障手術の注意事項」
当院で行なう白内障の手術にあたって、手術前、手術当日、手術後の注意点を記しましたが、部分的に削除していることに留意していただき、参考までとさせて下さい。


「眼内レンズの度数の選択について」
白内障術後の眼内レンズの焦点距離について参考までに記してあります。


「白内障と手術の説明会に 参加した方々のアンケート調査」
(H21.9.26~H22.4.12)