山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

近視とメガネ  

■屈折異常とメガネ -2000年10月-
人は情報の90%以上を目から得ているといわれています。テレビを見たり、新聞や本を読むのも、美しい景色を見るのもすべて目の働きのおかげです。
学校健診の視力検査でご自分の子どもさんの視力低下を指摘され、驚いて眼科を受診されるお母さんも多いと思います。検査でメガネが必要だと言われがっかりされる方、訓練で治らないだろうかと訴えられる方もおられます。また、若いときは遠くも近くもよく見えていたのにだんだんと近くが見づらくなってきた、目が疲れる、でも老眼鏡はかけたくないと訴えられる方もおられます。
そこで、近視、遠視、乱視などの屈折異常や老眼についてまとめてみました。また、よく質問される内容を問答式で記述しましたので、この記事を読んで正しい理解と知識を得て頂ければ幸いです。
1.目が見えるしくみ
2.ものの見え方
3.視力について
4.ピント合わせ
5.屈折異常とは
6.近視とは
7.目薬による治療
8.遠視とは
9.乱視とは
10.屈折負荷検査について
11.老眼とは
12.弱視とは
13.屈折異常とメガネ ウソ、ホント