山口大学医学部附属病院眼科をはじめ市内の総合病院・国立病院などとの連携により安心な医療を提供しております。

コンタクトレンズ

日本の眼科 85:3 号「平成24 年度学校現場でのコンタクトレンズ使用状況調査」(2014年) http://www.gankaikai.or.jp/info/20140415_schoolCL.pdf
m3.com臨床ダイジェスト―小学性オルソ増加「大問題」(2014年4月17日)

日本眼科医会の学校保健部は4月15日、全国の小、中、高校生を対象にコンタクトレンズ(CL)使用状況を調査した結果を報告した。47都道府県ごとに調査校を選出し、総計9万7233人のうちCLを使用している小学生54人、中学生1877人、高校生1万1484人に対し、2012年9-10月にアンケートを実施した。医会は2000年から3年おきに同様の調査を継続して実施しており、今回は5回目の報告となる。

 今回の調査で注目すべきは、小学生のオルソケラトロジー(以下、オルソ)の使用率が調査ごとに増加していることだ。2006年の使用率は14.3%だったが、2009年は18.9%と増加し、今回の2012年調査では20.4%に上っており、学校保健部は「大問題」と指摘している。中学生でのオルソ使用率は0.4%、高校生が0.3%であり、小学生に飛び抜けて多い状況となっている。このような現状の背景には、処方する眼科専門医をはじめ、眼鏡をかけさせたくない保護者や、スポーツのコーチなどからの勧めといった、安全性を考慮しない大人たちの存在があると指摘している。

 学校保健部は、オルソ使用で夜間視力の低下や高次収差の増加、アカントアメーバ角膜炎なども報告されているため、視機能未成熟な小児への使用は避けた方がよいと説明。日本コンタクトレンズ学会は2009年に「オルソの適応は20歳以上」との指針を出しており、「医師の裁量で処方は可能だが、もし眼障害が生じ、訴訟された場合は非常に不利になる」と警告を発している。

 当報告書では他にも、おしゃれ用カラーCLの使用経験や、使い捨てソフト使用期限の遵守状況、CLの購入方法、定期検査の受診状況、眼の異常の発生率や対処法など、CLにまつわる様々な項目を調査している。


http://www.m3.com/clinical/news/article/206875/
※赤字は当院の院長が関与したものです。

・2014年9月18日に日本眼科医会・日本眼科学会による記者発表会が開催されました。 当院の院長は、演者として記者の方々にカラコンの問題について説明しました。

【関連記事】
山口新聞(2014年9月20日)


東洋経済オンライン(2014年9月26日)
http://toyokeizai.net/articles/-/48872

msn産経ニュース(2014年9月30日)
http://sankei.jp.msn.com/life/photos/140930/bdy14093008300002-p1.htm

産経新聞(2014年9月30日)



・2014年5月22日に日本コンタクトレンズ学会、日本眼科医会、国民生活センターが実施したカラーコンタクトレンズに関する研究についての記者発表がありました。 当院の院長は、この研究に班長として深く関わりました。 これをきっかけにカラーコンタクトレンズの問題が解決されることを願います。 国民生活センターのHPにこの発表に関する記事と実際に発表された報告書(PDF)が掲載されています。



・独立行政法人 国民生活センター
カラーコンタクトレンズの安全性‐カラコンの使用で目に障害も
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140522_1.html

・【報告書本文】カラーコンタクトレンズの安全性-カラコンの使用で目の障害も-(PDF形式) http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140522_1.pdf

・「カラーコンタクトレンズの安全性‐カラコンで目の障害も-」の関連記事

日本経済新聞WEB刊(2014年5月22日)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2203P_S4A520C1CR8000/

MSN産経ニュース(2014年5月22日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140522/trd14052223420022-n1.htm

HOFF POST SOCIETY(2014年5月22日)
http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/22/colored-contact-lens_n_5370548.html

NHK NEWS Web(2014年5月22日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140522/k10014647261000.html

毎日新聞(2014年5月23日)
http://mainichi.jp/select/news/20140523k0000m040067000c.html

・「カラーコンタクトレンズの安全性‐カラコンで目の障害も-」の関連動画

NHKニュース(2014年5月22日)



・「おしゃれ用カラーコンタクトレンズの安全性~視力補正を目的としない物を対象に~」国民生活センター(平成19年3月)
http://www.kokusen.go.jp/book/data/me-200603_1.html

・「視力補正を目的としないカラーコンタクトレンズに関する調査報告書」NITE(平成23年7月)
http://www.nite.go.jp/jiko/press/karakon_honbun.pdf#search='NITE+%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA'

・「コンタクトレンズ適正使用と眼障害防止について」医薬品・医療機器等安全性情報No.294(平成24年9月26日)
http://search.jaame.or.jp/jaames/pdf/120926294.pdf#search='%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E9%81%A9%E6%AD%A3%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%A8%E7%9C%BC%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

・「カラーコンタクトレンズ眼障害調査 記者発表会」日本コンタクトレンズ学会(平成25年3月)
平成25年3月に行われた日本コンタクトレンズ学会によるカラーコンタクトレンズ眼障害調査の記者発表会で当院の院長が発表したスライドと説明文も掲載されています。
http://www.clgakkai.jp/general/color_cl_mondai.html

・「カラーソフトコンタクトレンズに関する基本的な考え」日本眼科医会(平成25年9月7日)
https://www.gankaikai.or.jp/members/20130925_CSCL.pdf

・AERA「カラコンは化粧じゃない」(平成25年6月24日)
  

・赤旗新聞日曜版「カラーコンタクトで痛い目」(平成25年6月23日)


・週刊 宝島「カラーコンタクトの怖い落とし穴」(平成24年12月)


・ジョンソン・エンド・ジョンソン DIALOGUE「カラーコンタクトレンズ使用による眼障害を減らすために 前編」


・ジョンソン・エンド・ジョンソン DIALOGUE「カラーコンタクトレンズ使用による眼障害を減らすために 後編」


・産経新聞「不適切使用で失明リスク」(平成25年3月28日)

・読売新聞「コンタクトレンズ正しく使って安全・快適」(平成26年2月28日)
下記画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。


・平成25年8月27日 日本テレビ NEWS ZERO


・平成25年7月14日 NHK大阪放送
行政通知「コンタクトレンズの適正使用に関する情報提供等の徹底について」(薬食発0718 第15号 平成24年7月18日)は厚生労働省医薬食品局長より各都道府県宛てに出された通知です。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/colorcontact/dl/colorcontact12071815.pdf#search='%E8%96%AC%E9%A3%9F%E7%99%BA0718'

その後、
「厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業(指定型)研究事業)統括研究報告書
「コンタクトレンズ販売の実態調査に基づく販売規制のあり方に関する研究」

の報告書が出されました。
この報告書には当院の院長が関与しております。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/colorcontact/dl/colorcontact13062800.pdf#search='%E5%8E%9A%E5%8A%B4%E7%A7%91%E7%A0%94+%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA'
が発出され、これを基に「コンタクトレンズの適正使用に関する情報提供等の徹底について(再周知)」(薬食発0628 第17号 平成257年6月28日)厚生労働省医薬食品局長より出されました。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/colorcontact/dl/colorcontact13062817.pdf#search='%E8%96%AC%E9%A3%9F%E7%99%BA0628'
1.リーフレット「くらしの危険」より(平成23年11月発刊以降)

・「くらしの危険301 小麦加水分解物を含有する石けんによるアレルギー」(平成23年11月)
http://www.kokusen.go.jp/kiken/pdf/301dl_kiken.pdf

・「くらしの危険304 消石灰による目の事故」(平成23年12月)
※赤字のものは当院の院長の報告で作成されたものです。
http://www.kokusen.go.jp/kiken/pdf/304dl_kiken.pdf#search='%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E7%9B%AE'

・「くらしの危険318 花粉防御用眼鏡による子どものけがにご注意(平成26年3月)
http://www.kokusen.go.jp/kiken/pdf/318dl_kiken.pdf


2.報道発表情報

・独立行政法人 国民生活センター(平成26年5月22日)
カラーコンタクトレンズの安全性‐カラコンの使用で目に障害も
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140522_1.html

・【報告書本文】カラーコンタクトレンズの安全性-カラコンの使用で目の障害も-(PDF形式) (平成26年5月22日)
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140522_1.pdf

・まつげエクステンションの危害(平成22年2月17日)
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20100217_2.pdf

・火山灰を含む洗顔料の使い方に注意!(平成22年8月22日)
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20100818_2.pdf#search='%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E7%81%AB%E5%B1%B1%E7%81%B0+%E7%9F%B3%E9%B9%B8'%E5%89%A4'

・ソフトコンタクトレンズ用消毒剤のアカントアメーバに対する消毒性能-使用実態調査も踏まえて-(平成21年12月16日)
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20091216_1.pdf#search='%E5%9B%BD%E6%B0%91% E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3% 82%B3%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%88%E6%B6%88%E6%AF%92
■コンタクトレンズ診療について -2009年9月-
コンタクトレンズは視力補正の医療機器として厚生省(現在の厚生労働省)から認可されており、コンタクトレンズを入手するには眼科医の診察が必要です。
また、コンタクトレンズの使用にあたっては、眼科医の管理と指導を必要とします。
コンタクトレンズ自体は目にとって異物であるため、適切なコンタクトレンズを選択し、規則正しいケアを行わないと何らかの障害が起こることがあります。自分では調子が良いと思っていても、診察すると問題があることがありますので定期検査を必ず受けて下さい。もしトラブルが発生した場合にはできるだけ早く受診して下さい。



■コンタクトレンズの種類と特徴 -2009年9月-
コンタクトレンズは素材の違いからハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズに分けられます。ハードコンタクトレンズは文字通り硬いため装用当初は違和感があります。ソフトコンタクトレンズは軟らかいので装用感が良いです。




■コンタクトレンズQ&A -1999年8月-
コンタクトレンズを効果的に安全に快適に使用するために疑問に答えます。
コンちゃんとタクト君が院長に尋ねます!
コンタクトレンズQ&A ?




■コンタクトレンズ関係資料 -1999年8月-
おしゃれ用コンタクトレンズの使用について
円錐角膜に対するコンタクトレンズ処方
コンタクトレンズ講座
コンタクトレンズ調査報告
  コンタクトレンズによる眼障害アンケート調査報告
  高校生におけるコンタクトレンズ使用に関するアンケート



c190.gif


2010年3月11日、東京で厚生労働省、国民生活センター、日本眼科医会、日本コンタクトレンズ学会、日本コンタクトレンズ協会の代表者が集まって、それぞれの立場から意見交換を行いました。その内容がMonthly Contactlens 第18号(2010年4月25日発行)に掲載されました。
 当院の院長は当時、日本眼科医会の常任理事、日本コンタクトレンズ学会の常任理事として、この問題に深く関わりました。

Monthly Contactlens 第18号 拡大版(PDF)










 2009年10月5日に41歳の男性が、右目が痛いという訴えで受診されました。
診察をすると右の黒目(角膜)に傷(角膜びらん)がありました(写真)。患者さんはソフトコンタクトレンズを使用しており、その取り扱い中に手の爪が角膜に当たったのだと思います。
この患者さんは調子が悪かったにもかかわらず、その後もソフトコンタクトレンズを装用していました。ソフトコンタクトレンズはやわらかいため、目に入れても装用感がいい(異物感がない)というメリットがあります。角膜に傷がついても、ソフトコンタクトレンズを入れると痛みがやわらぎます。これは傷口に包帯をまいたり、バンドエイドを貼ると痛みがやわらぐのと同じです。角膜に傷がついた場合には、コンタクトレンズの使用はひかえてください。傷から細菌やカビなどの微生物が入るとひどい障害になります(最悪の場合、失明することもあります)。
異物感の少ないソフトコンタクトレンズの使用者は痛みがひどくなるまで装用しつづける方がおられますので、特に注意してください。




涙を色素で染めた写真です。緑色に染まったところが黒目(角膜)の傷(角膜びらん)です。
 2009年10月5日に女性がコンタクトレンズの定期検査に来られました。診察をすると両眼のコンタクトレンズに化粧品(マスカラ)が付着していました(写真)。患者さんにこのことを説明すると、ご本人も気づいていて、ケア用品でこすり洗いをしても取れなかったと言われました。
 使用しているコンタクトレンズはシリコーンハイドロゲルレンズ(ジョンソン・エンド・ジョンソン社のアキュビューアドバンス)でした。シリコーンハイドロゲルレンズは酸素透過性が高いというメリットがありますが、脂質(油)が付着しやすいのがデメリットです。
 ジョンソン・エンド・ジョンソン社のシリコーンハイドロゲルレンズ(アキュビューアドバンス,アキュビューオアシス)は表面処理がされていないので、他社の製品に比べてその傾向が高いといえます。シリコーンハイドロゲルレンズはケアが必要で、多目的用剤(マルチパーパスソリューション)という一剤で洗浄・すすぎ・消毒・保存をする製品、あるいは過酸化水素消毒剤という中和の操作を必要とする製品を使用されている方が多いと思いますが、これらの製品では化粧品などの脂質(油)はなかなか取れません。この患者さんはボシュロム社のレニューというケア用品(多目的用剤)を使用していました。当院のスタッフがソフトコンタクトレンズ用の洗浄剤(チバビジョン社のミラフロー)でこすり洗いをしたところ、化粧品(マスカラ)は取れました。
 患者さんには、ミラフローを多目的用剤に追加して使う、あるいはアキュビューアドバンスを他社の製品に変更するかを検討していただくよう説明しました。

            右目                           左目

  

 山口新聞(2009年9月28日)に「目元の化粧には注意を コンタクト汚染の原因にも」という記事が掲載されていました。
 まつげの内側へのメークは控えるとともに、クレンジング剤を使う際は直接まぶたになじませるより、コットンや綿棒でこすり取るように丁寧に落とす方が良いとしています。
 一方、コンタクトレンズの汚染経路は①涙に溶け出した化粧品やクレンジング剤の成分が付く②化粧の際に誤って付着させる③化粧品などが手に付いた状態でレンズを扱う④化粧を落とす際に結膜のうに入るに大別されます。

 重篤な目の障害である角膜感染症が、コンタクトレンズ使用者に多発していることが大きな問題になっています。2009年12月に国民生活センターがアカントアメーバに対するソフトコンタクトレンズ用消毒剤のテストを行い、商品によっては十分に効かないものがあることを報告しました。
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20091216_1.html)が、マスコミが報道した内容に不適切なものがありましたので、日本コンタクトレンズ学会は注意を喚起しています(http://www.clgakkai.jp/general/sc_houkoku.html)。
 また、厚生労働省、国民生活センター、日本眼科医会、日本コンタクトレンズ学会、日本コンタクトレンズ協会は、ソフトコンタクトレンズ消毒剤についての緊急座談会を開催しました。その内容が日本コンタクトレンズ学会のホームページ((http://www.clgakkai.jp/general/sc_houkoku.html)に掲載されていますのでご覧ください。院長は当時、日本眼科医会の担当常任理事として、この座談会に参加しました。
 水分を含んだソフトコンタクトレンズ(ハイドロゲルレンズ)は、柔らかいので装用感がいい、ずれないなどの長所がありますが、酸素を十分に透過しないという短所もありました。そこで、これまでの素材にシリコーンを混合したシリコーンハイドロゲルレンズが開発されました。
 この新しい素材のシリコーンハイドロゲルレンズは、従来の素材のソフトコンタクトレンズに比して酸素の透過率は飛躍的に高まりました。黒目(角膜)はたくさんの酸素を必要とします。従来の素材のソフトコンタクトレンズを長時間装用すると、角膜が酸素不足を生じることがありましたが、シリコーンハイドロゲルレンズではそのようなことがほとんどなくなります。
 しかしながら、シリコーンは疎水性(親油性)であるため、涙をはじいたり、脂質(油)がレンズにくっつきやすいという問題が起こります。

 現在、シリコーンハイドロゲルレンズは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社からアキュビュー®アドバンス®とアキュビュー®オアシス™、チバビジョン株式会社からO2オプティクスとエアオプティクス™、ボシュロム・ジャパン株式会社からメダリストプレミア、株式会社メニコンから2weekプレミオが発売されていますが、それぞれ素材や表面処理が異なるため、レンズの剛性、涙との親和性、脂質の付着性などが異なります。ひとつの製品を使用して調子が悪かったからといって、シリコーンハイドロゲルレンズが良くないというわけではありません。他の製品を使用すると改善する場合もあります。
 眼科の先生とよく相談して、自分の目の状態に合った製品を処方してもらいましょう。

 脂質がシリコーンハイドロゲルレンズに付着したという症例を示します。
 2009年の1月28日に18歳の女性がコンタクトレンズがくもって見えにくくなるという訴えで来院されました。2週間で交換する従来素材のソフトコンタクトレンズを使用していたときは特に問題はなかったけれども、1週間前にシリコーンハイドロゲルレンズに変更してから調子が悪い、コンタクトレンズを見ると汚れている、汚れがひどくなると異物感も伴うということでした。
 患者さんが使用していたシリコーンハイドロゲルレンズを見ると、たしかに汚れています。従来素材のソフトコンタクトレンズはたんぱく質が付着しやすいのですが、シリコーンハイドロゲルレンズはたんぱく質はほとんどつきません。問題になるのは脂質(油)です。温度が高いときは油は溶けますが、低いと白く濁ります。この患者さんのシリコーンハイドロゲルレンズを4℃の状態で放置したものを示します。患者さんにはケア用品でこすり洗いをしっかりするように指導しましたが、良くなりませんでした。
 こうしたトラブルは、気温の低い冬場に起こりやすいので、調子が悪いときは眼科でよく診てもらいましょう。

・シリコーンハイドロゲルレンズと消毒剤の適合性
 ソフトコンタクトレンズ消毒剤(マルチパーパスソリューション)は、微生物の数を減らすことを目的としていますが、微生物だけに効き目があるわけではありません。人間の目の健常な細胞にも少なからず影響を及ぼします。
 シリコーンハイドロゲルレンズは従来の素材のソフトコンタクトレンズに比べて硬いため、黒目(角膜)の表面はこすれて、傷がつきやすくなっています。こうした状態でマルチパーパスソリューションを使用すると角膜に強く影響し、健常な細胞がダメージを受けてしまいます。消毒効果の強いマルチパーパスソリューションほどこうした影響が強く現れるようです。但し、そのダメージが臨床的に問題になるのはそれほど多くなく、また、こうした所見が出る人、出ない人などさまざまで、出る場合にも装用時間などによって程度に差が生じます。
 微生物による感染を防ぐためには、消毒効果の高いマルチパーパスソリューションを使用したいのですが、所見が強く出る場合には製品を変更した方がいい場合もあります。
■コンタクトレンズによる目の障害の原因 -2009年9月-
コンタクトレンズによる目の障害は、その装用を中止して点眼薬などで治癒させても、コンタクトレンズの装用に原因があれば、同じ障害を繰り返し引き起こします。原因として考えられるものを以下に記します。





■コンタクトレンズによる目の障害の実態 -2009年9月-
日本におけるコンタクトレンズによる目の障害の報告はこれまで数多くありますが、なかでも全国規模で行われた主な調査の結果を記します。





■コンタクトレンズによる目の障害の具体例 -2009年9月-
コンタクトレンズによる障害は、主に黒目(角膜)と白目(結膜)に生じます。角膜の表面を上皮といいますが、この上皮の障害はその深さによって重症度が異なります。最も浅い障害を点状表層角膜症、次に上皮が欠損した状態を角膜びらん、さらに上皮を越えた深い障害を角膜潰瘍といいます。障害が深くなればなるほど、治るまでに時間がかかり、最悪の場合には失明に至ることもあります。



ウエダ眼科:円錐角膜 円錐角膜は黒目(角膜)の中央の近くが円錐状に突出する疾患ですが、進行するとメガネでは良好な視力が得られません。これは不正乱視によるものですが、ハードコンタクトレンズを装用するとその不正乱視が矯正されます。しかしながら、不正な形の角膜にハードコンタクトレンズを乗せるのは簡単ではありません。適正なものを装用しないとハードコンタクトレンズがずれたり、脱落してしまいます。また、目がゴロゴロする、痛い、充血するといった症状も起こり、長時間装用することができないこともあります。
円錐角膜にハードコンタクトレンズを処方するには、多くの知識と技術、豊富な経験を必要とします。
当院の院長はこれまでにハードコンタクトレンズが装用困難といわれてきた患者に対しても、考えうる最善の方法でコンタクトレンズの処方を行っています。山口県下関市内の患者さんはもちろんのこと、山口県の市外の患者さんや、福岡県、長崎県、大分県、宮崎県、広島県、愛媛県など遠方の患者さんも数多く来院されています。
円錐角膜が軽度から中等度の場合では通常のハードコンタクトレンズを修正、加工することによって対応することが多いですが、熟練した技術が求められます。中等度から高度になると、特殊な円錐角膜用ハードコンタクトレンズで対応します。特殊なレンズとしては㈱日本コンタクトレンズのローズK™、ローズK2™、㈱サンコンタクトレンズのMカーブ、㈱メニコンのEX E-1、エイコーのAphex KCレンズ、㈱レインボーオプチカル研究所の後面多段階カーブなどを使用しています。これらの特殊レンズがいつでも処方できる状況です。
円錐角膜に対するハードコンタクトレンズの処方は難しく、決定するまでに何回も医療機関を受診しなければならないことが多いですが、当院では1回の検査で処方が決定することが多いです。